・分配槽
 汚水の量を調節して、最初沈殿池へ送ります。

・最初沈殿池
 小さなゴミや泥を沈殿させます。底にたまった泥は
 汚泥処理施設へ送ります。


・反応タンク
 微生物により汚水を分解し、きれいな水に変えます。

・最終沈殿池
 水と汚泥を分離し、汚泥を取り除きます。

・砂ろ過機
 最終沈殿池から出た水をろ過して細かなゴミを取り
 除き、場内で利用できる水を作ります。


・塩素混和池
 最終沈殿池から出た水を塩素で消毒して、川へ放流
 します。

・汚泥濃縮槽
 汚泥を濃縮させ、汚泥の量を減らします。

・消化タンク
 汚泥をガス化させ、さらに汚泥の量を減らします。

・汚泥脱水機
 汚泥の水分を取り除き、脱水ケーキとして汚泥の量
 を減らします。

・マイクロガスタービン発電装置
 下水処理の過程で発生する汚泥消化ガスを回収して、
 これを燃料としてマイクロガスタービンを駆動させ、
 発電を行って下水処理場内の機器に使っています。
 発生した熱は消化タンクの加温に利用しています。

処理場平面図(イラスト)

処理場平面図

計画平面図(イラスト)

砂ろ過機

砂ろ過機(写真)

最初沈殿池上部

最初沈殿池上部(写真)

中田中継ポンプ場

中田中継ポンプ場(写真)

加賀中継ポンプ場

加賀中継ポンプ場(写真)

管理棟外観

処理フロー(イラスト)
下水管から流入してきた汚水は沈砂池で粗いゴミ、砂を取り除き、最初沈殿池へ
入ります。ここで汚水を緩やかに流し、沈殿しやすい固形物を取り除き、反応槽
へ入ります。ここでは、汚水に活性汚泥を加えて空気を吹き込み、微生物の力を
借りて汚水中の有機物を分解させ、沈殿しやすい固まりを作ります。最終沈殿池
で汚泥を取り除き、上澄み水を消毒してきれいな水を川へ放流します。
 しかし、近年、生活水準の向上により、大聖寺川へ流れ込む生活
排水等が増加し、河川の汚れが目立つようになってきました。
 このため、石川県ではこの地域の生活環境の改善と大聖寺川並び
に加賀沿岸海域等の公共用水域の水質保全を目的として、昭和63
年度より、加賀沿岸流域下水道事業(大聖寺川処理区)に着手して
います。
 このうち、第一期の事業計画として、平成7年度には加賀市と旧
山中町の一部が同時に供用を開始しています。
 今後さらに、下水道計画区域で下水道が供用できるよう、事業の
促進に努めているところです
 石川県の最南端部に位置する加賀市は、千古の由来
を誇る加賀温泉郷として全国的にも知られ、これらに
よる観光産業を中心に農業や伝統産業の下で発展して
きました。
 この地域を貫いて流れる大聖寺川は、大日山を源と
し、旧山中町で峡谷をなし、加賀市では穏やかな流れ
となって日本海に注いでいます。
 大聖寺川は、上水・農業用水としてこの地域を潤す
とともに、遊びの場、生活の場として地域社会と深い
つながりを持っていました。
管理棟外観(写真)

処理フロー

加賀沿岸流域下水道(大聖寺川処理区)

大聖寺川処理区 加賀市大聖寺畑町ろ8番地1

計画平面図

公社が管理する下水道へ
公社が管理する下水道へ

トップページへ
トップページヘ