・沈砂池ポンプ棟
 流入する汚水中の大きなゴミや砂を取り除き、汚水
 をくみ上げ分水槽へ送ります。


・分水槽
 汚水の量を調節して、最初沈殿池へ送ります。

・最初沈殿池
 小さなゴミや泥を沈殿させます。底にたまった泥は
 汚泥処理施設へ送ります。

・反応タンク
 微生物により汚水を分解し、きれいな水に変えます。

・最終沈殿池
 水と汚泥を分離し、汚泥を取り除きます。

・砂ろ過機
 最終沈殿池から出た水をろ過して細かなゴミを取り
 除き、場内で利用できる水を作ります。

・塩素混和池
 最終沈殿池から出た水を塩素で消毒して、海へ放流
 します。

・濃縮タンク
 汚泥を濃縮させ、汚泥の量を減らします。

・汚泥消化タンク
 汚泥をガス化させ、さらに汚泥の量を減らします。

・汚泥脱水機
 汚泥の水分を取り除き、脱水ケーキとして汚泥の量
 を減らします。


・汚泥乾燥機
 下水処理の過程で発生する汚泥消化ガスを回収して、
 これを燃焼することでその熱により汚泥を乾燥させ、
 減量化しています。

処理場平面図(イラスト)
計画平面図(イラスト)
濃縮タンク(写真)
最終沈殿池(写真)
根上第一中継ポンプ場(写真)
梯中継ポンプ場(写真)
管理棟外観(写真)

濃縮タンク

最終沈殿池

根上第一中継ポンプ場

梯中継ポンプ場

管理棟外観

処理フロー(イラスト)

梯川処理区 能美市山口町ト75番地

 このうち、小松市の一部と旧根上町の一部が平成元年度に下水道を使用
できるようになりました。また、平成5年度には旧寺井町の一部、平成7
年度には旧辰口町の一部と旧美川町の一部を供用開始し、全ての関係市町
で下水道を使用することができるようになりました。
 今後は、関係市町が進める面整備の進捗に合わせ、必要となる処理施設
の増築や電気・機械設備の増設を計画的に行います。
 一級河川の手取川と梯川に挟まれた小松市の一部、能美市(旧根上町、
寺井町、辰口町)と白山市(旧美川町)の一部の地域は、手取川の良質な
水を農業用水として利用し、県内でも有数の穀倉地帯として発展してきま
した。
 近年この地域での人口の増加や産業の発展に伴い、家庭や工場、事業所
からの排水により農業用水が汚濁されるとともに、これらの流出先となる
梯川下流部や加賀沿岸海域では水質の悪化が進行していました。
 このため石川県では、この地域の生活環境の改善を図るとともに公共用
水域の水質保全を目的として、昭和58年度より加賀沿岸流域下水道事業
に着手しました。

処理フロー

加賀沿岸流域下水道(梯川処理区)

計画平面図

処理場平面図

下水管から流入してきた汚水は沈砂池ポンプ棟で粗いゴミ、砂を取り除き、最初沈殿池へ
送り込みます。ここで汚水を緩やかに流し、沈殿しやすい固形物を取り除き、反応タンク
へ送り込みます。ここでは汚水に活性汚泥を加えて空気を吹き込み、微生物の力を借りて
汚水中の有機物を分解させ、沈殿しやすい固まりを作ります。最終沈殿池できれいな上澄
み水にして消毒し、海へ放流します。

公社が管理する下水道へ
公社が管理する下水道へ

トップページへ
トップページヘ